ホーム /  業務筋情報 / とれたて築地食材情報

とれたて築地食材情報

2018年10月22日(月)

北海道むかわ産のシシャモ

2018.10.22.jpgシシャモといえば干物が一般的ですが、この時期2週間ほど生のシシャモが入荷します。先月の北海道地震で被害が大きかった鵡川(むかわ)はシシャモの産地。まだ例年通りとまではいかないようですが入荷しています。生シシャモは、塩焼きやフライがおすすめです。

2018年10月19日(金)

佃煮・煮豆フェア開催中

2018.10.19.1.JPG2018.10.19.2.JPG佃煮は東京の伝統食、築地土産の定番でもあります。豆は栄養豊富、毎日上手に食べることで健康維持につながります。

10/19(金)、20(土)の2日間、毎年恒例の「佃煮・煮豆フェア」を開催。試食もできるので、お気軽にお立ち寄りください。

2018年10月12日(金)

新設! 買い出し人用 駐車場

2018.10.12.jpg築地市場跡地に、場外市場の買い出し人駐車場をご用意いたしました。場所は海幸門を入って左側です。利用開始は10月15日(月)午前3時からで、利用可能時間は3時~10時となります。約70台駐車可能です。10月30日までは無料利用には登録が必要です。

詳しくはサイト内「これからの築地」をご覧ください。

お問い合わせ:中央区都市整備公社 電話 03-3561-5191

2018年10月11日(木)

築地場外も新たなスタート

2018.10.11.jpg豊洲市場の開場とあわせて、築地場外市場も新たなスタートの日となりました。

築地魚河岸では早朝から買い出しの方10時頃からは一般の方も増え、波除通りはいつもの活気に! 

2018年10月10日(水)

本日も営業中

2018.10.10.JPG青果店では秋の味覚がずらり!

豊洲市場の開場は明日ですが、場外市場の鮮魚・青果店の多くは通り営業しております。

2018年10月09日(火)

築地場外市場 変わらず営業中

とれたて10.9.JPG豊洲市場はまだ開場前ですが、場外市場の鮮魚・青果店などは、いつもと変わらず営業中です。

仲卸が出店している施設「築地魚河岸」では早朝から周辺の飲食店の方々が仕入れに訪れています。9時以降は一般の方でもお買い物しやすいよう対応しています。

2018年10月06日(土)

築地市場 閉場

築地市場.JPG東京都中央卸売市場 築地市場(場内)は、本日をもって閉場しました。

しかし、場外市場はこれからも食のプロのまちとして変わらず営業を続けます。プロ目線の品揃え、一般の方でも買いやすいサービスで、皆様のお越しをお待ちしております。

2018年10月05日(金)

噴火湾のボタンエビ

ボタンエビ.jpg震災の影響で一時は北海道からの水産物の入荷が滞りましたが、いまは回復。むしろ現地消費が落ち込んでいるために築地への入荷は増えているとか。例年、噴火湾産は10月末頃まで、その後は日本海側に移ります。ねっとりとした食感と濃厚な甘みが特徴。刺身や寿司ネタにしたら最高です。

2018年10月02日(火)

茹でて食べて 落花生

落花生.JPG写真ではサイズが伝わりませんが、なかなかの大きさです。硬めに茹でて、サヤから出して素揚げにするとおいしいですよ。茹でると傷みやすくなるので、早く食べるのがおすすめ。残ったら冷凍保存も可能です。

2018年10月01日(月)

悪天候でも入荷 イカ

イカ.JPG台風の影響で西からの入荷がほとんどなかった中、久しぶりに北海道からいいスルメイカが入ってました。悪天候でも全国から物が届くのが市場の利点です。

2018年9月26日(水)

色とりどり キノコ

きのこ.JPG青果店でキノコの入荷はどうですか? と聞いたら、ササっとすてきな盛り合わせを作ってくれました! 順調ということですね。そろそろお鍋もいいですね。

2018年9月25日(火)

煙で魚はうまくなる 焼き網

焼き網.JPG山野井商店で、魚をおいしく焼くならこれでしょ!と紹介されたのが焼き網。サンマを焼くときのモクモクとした煙り、したたる脂からボッとあがる火。魚は煙でおいしくなるよと教えてくれました。まだかな~と焼き目を見ながら待つのも楽しいものです。

2018年9月22日(土)

いよいよ本番 サンマ

サンマ2.JPG見て下さいこの肩の張り!脂がのってる証拠です。鮮度をみるなら、口ばしが黄色く、白い部分がキラキラと光り、背が黒々とつやがあるもの。そろそろ秋本番、上物も安くなってきました。サンマは100%天然国産の魚。塩焼きに刺身、今年は何匹食べますか?

2018年9月18日(火)

早くもお目見え ブリ

ブリ.JPG北海道からブリが入荷。まずまずのサイズで好調の予感。これから魚の種類がいっきに入れ替わります。

2018年9月13日(木)

夏のなごり枝豆

枝豆.JPGいっきに秋らしくなりさびしそうな枝豆。暑かった夏の思い出とともにビールと一緒にいかがでしょう。遅い出の茶豆もあと一週間ほどで終わりとなります。

2018年9月07日(金)

白身の高級魚 ノドグロ

ノドグロ.jpgここ数年で高級魚としての知名度が上がり、人気が出ているノドグロ。新潟県産は入荷量も価格も安定しています。身がやわらかくウロコがはがれやすいので、見た目重視なら釣りものがおすすめ。刺身、煮付け、焼き物はもちろん、昆布締めにすると甘味が増します。

2018年9月06日(木)

おめめパッチリ メイチダイ

メイチダイ.JPG今日のおすすめだよ!と紹介されたのが、大きな目が特徴のメイチダイ。見た目はちょっと地味ですが、まっしろな白身で、味のよさは真鯛よりも勝るとか。九州とくに長崎が産地です。

2018年9月04日(火)

クジラっていいね

クジラ.jpgかつては学校給食のイメージが強かったクジラ。最近の"食べて健康ブーム"で注目されている。クジラ肉に含まれている「バレニン」は、疲労回復効果があり、現代人こそ食べたほうがいい食材かもしれない。築地にはクジラの生肉の他、ベーコン、皮、缶詰など、各種そろっています。 

9月4日はクジラの日

2018年8月28日(火)

そろそろ気になる サンマ

サンマ.JPGまだ小ぶりなものの、サイズや脂ののりもまずまず。このまま順調にいけば、例年通りの価格になりそうです。

2018年8月27日(月)

たっぷり果汁 ヘベス

へべす.JPGカボスでもスダチでもないヘベス。皮が薄くて種はほとんどナシ、果汁がたっぷり絞れて、やさしい酸味が特徴。焼き魚や鍋料理、そうめんの薬味、お酒で割ったり、スライスしてシロップ漬けなど用途は様々。ヘベスの名前の由来は、平兵衛さんがみつけたからとか。日向市のご当地食材、9月末まで入荷します。

PR

過去のアーカイブ