江戸時代初期の築地:埋め立てによって築かれる

 築地は地名のとおり海を埋め立てあらたに築いた土地です。1657年(明暦三年)、明暦の大火後の復興計画で、隅田川河口部にあたるこの一帯が開発されて武家地となります。横山町辺にあった本願寺も同大火で被災して築地に移ってきました。本願寺の再建にあたっては佃の門徒たちが海を埋めて土地を築いたと伝えられています。佃の漁師たちはかつて干潟であった佃島を自分たちの手で造成したといわれるように、当時相当な土木技術をもっていたのかもしれません。

 本願寺南側の町屋は1664年(寛文四年)、日本橋魚河岸の魚問屋たちが願い出て開いたことから、魚河岸のあった小田原町に対して南小田原町と名づけられました。この頃すでに築地と魚河岸が関係しているのは面白いことです。ここから明石橋のあいだに開かれた町人地の水辺には河岸がもうけられて、魚介類も荷揚げされました。古くから魚にゆかりの深い土地であったことがしのばれます。

 築地の埋め立て工事が荒浪に難儀したおり、浪間を流れてきた御神体を祀ったところ浪が静まり工事がはかどった、という由来をもつ波除稲荷神社は1659年(万治二年)に建立されました。以来築地一円の氏神となっています。