築地史料館:築地川にかかる橋

築地川にかかる橋 いつから築地川と呼ぶようになったかは分かりません。埋め立てた土地をとりまく海水で、汐の満ち引きはあっても川の流れではありませんでした。『東京府志稿』では築地渠(きょ)の名をつけて、この内側を総名築地という、とあります。

 三島由紀夫の小説「橋づくし」では築地川の七つの橋を渡りますが、そのとおりにたどると、ます中央区役所前にある三吉橋は1929年(昭和四年)につくられ、Y字のユニークなかたちから当時の東京名所となります。ここを通ると橋をふたつ渡った勘定です。次の築地橋は明治の演劇興隆の中心であった新富座と築地を結ぶ橋で市電が通っていました。現在の新大橋通りにかかるのが入船橋、そこから川は南へ向きを変えたところが現在のあかつき公園になっています。五番目の暁橋は今も公園内で何とか橋としての面目を保っています。境橋は現在ではみられませんが、明治時代に立教大学があった頃に築地と結びました。江戸時代は数馬橋(かずまばし)といい北詰が浅野内匠頭(たくみのかみ)の屋敷でした。最後の備前橋(びぜんばし)は本願寺へと渡る橋ですが、ここも現在は名前が残るのみです。

 三吉橋下から首都高速に沿って流れていた築地川。晴海通りにかかる万年橋は橋杭が石でつくられ「万年もつ」という意味からつけられました。采女橋(うねめばし)のあたりはその昔、かわうそが出て人をばかしたといわれ、日が暮れると一人歩きをしなかったといいます。川の流れは築地市場の脇から隅田川へと抜けます。 波除神社と築地市場内を結ぶ海幸橋(かいこうばし)は昭和2年に架橋、魚河岸の繁栄と豊漁を願って名づけられました。やや南東部にはかつて安芸橋(あきばし)がかかっていました。橋を渡った稲葉の中屋敷には咳の爺婆(じじばば)という石像があり、咳のわずらいに霊験あらたかということで人が参集したといいます。