ホーム /  お店を探す / 今月の一店逸品

今月の一店逸品

築地場外の新施設 鮮魚・青果の仲卸が出店「築地魚河岸」 特集! Vol.10

マグロとは別物「マカジキ」

洸峰(こうほう)         TEL : 03-6264-0226

マグロと肩を並べる大型魚カジキは、寒い今が美味しい時期です。カジキにはメカジキとマカジキがあり、身が淡いオレンジ色なのが「マカジキ」です。

上品な脂の乗り、舌にまとわりつくような滑らかな食感、マグロとはまた違ったおいしさがあります。料亭ではよく使われるほどの高級魚で、築地だからこそ買える逸品です。

美味しさをしっかり凍結「冷凍魚」

冷凍魚は、入荷量の多い時にとって加工しているので、味にあまりばらつきがなく、価格が安定しているのが利点です。

干物、鮭、イクラ、カニ、タコ、ホタテ、ウナギ・・・など、冷凍技術が優れている今は品揃えも豊富です。飲食店なら箱買いで、家庭で使うなら小分けして冷凍庫で保存。贈り物にも喜ばれます。店頭のショーケースは取扱商品のほんの一部。お探しの商品がありましたらご相談下さい。

自社製品のこだわり「東京育ち ムキエビ」

社員全員で吟味した乾物、自社加工品、ムキエビ、カニなどを販売しています。

業務用から、お土産、贈答用、ご自身のちょっとした贅沢など、ラインナップも豊富です。中でも東京の自社工場で加工しているブランド「東京育ち ムキエビ」は、選別を重視し、色、サイズ、歯ごたえのよいものだけを使用。和洋中どんな料理にも重宝することから、素材にこだわる飲食店から高く評価されています。全国宅急便手配も承っております。気軽にお立ち寄りください。

年初めは紅白で「イチゴ」

定松(さだまつ)         TEL : 03-3545-8511

これから春に向けてグッと甘味が増して品種も増える「イチゴ」。1月頃に独自のルートで入荷するのが茨城県産村田農園のイチゴです。

赤くなるまで畑で育てているので、甘味が強くジューシーで、食べたあとに爽やかな香りが残ります。また、希少な白イチゴも毎日入荷。甘味と酸味のバランスがよいとされる品種 初恋の香り は、ばら売りもしています。紅白で揃えれば贈答用に喜ばれます。

粋のよさは味のよさ「活車海老」

丸定(まるさだ)         TEL : 03-6264-7755

美味しさは鮮度で決まります!車海老は、おが屑の中へ入れると、生きたまま持ち帰ることができます。

調理前の大切なポイントは30分~40分前に冷凍庫で仮死状態にすること。動きが止まり調理が簡単になり、身は生きた状態とかわりません。その後は一気に調理。焼き、蒸し、刺身など、プリっとした食感と旨味は格別です。寒い冬は輸送しやすいことから価格が安定しています。地方発送も可能です。生きた車海老を調理したことがない方、是非お試し下さい。

PR

バックナンバー